私が看護師を辞めたいわけ

私が看護師を辞めたいと思ったのは全てにおいて体制が古い、管理職の頭が硬くリスクを負うことをしないからです。

出世していくのも昔から勤めて長く働いて上司の機嫌をとることがうまい人間ばかりで馬鹿馬鹿しくなったからです。

新しく導入した方がいいことでさえも、挑戦することはせず周りの出方を伺って結局却下。

医療や看護の質をあげることに挑戦するよりも無難な現状維持。

私が思うに病院などの管理職は医療職じゃないほうがいいと思うんですよね。

外部から連れてきて変革をもたらすようなことをしなければ病院の経営は成り立ちませんし、そこで働く人間のモチベーションの維持は難しいと思うんですよね。

患者満足度を優先するばかりに、スタッフに無理難題を強いる。

やらなければならないことに対して時間は足らないし、多重課題で疲弊していく身体も精神も限界です。

決まって看護師長や先輩ナースが言うのは辞めようとする人間に対して、ここでもっと勉強してからでもいいんじゃない?ですよ。

ここにどれだけの価値があると過大評価をしているの?って言ってやりたいですね。少しでも残る気があれば引き止めも悪い気はしないかもしれないけれど、心が決まっている場合はね。

看護ができるのは他の病院や施設がありますし、ステップアップを目指すなら早く辞めて次のところに行ったほうが時間は有意義に使えますよね。

辞めようって思ってるのはそこで働く価値がないからであって、なぜ病院側が変わらずに我々が我慢をしなければならないのでしょうか。まず労働環境をなんとかしてもらわないと。
働く場所はいくらでもあるのが医療職で今後は淘汰されていく環境にもあるとは思いますが、そのとき淘汰されないためにもステップアップして専門性を深めていきたいんですよね。

辞めたくても辞められない看護師が多すぎますが看護師を本当に辞めるか辞めないかはよく考えた方が良いですね。看護師辞めたい方へを見ると参考になりますよ。

コメントは受け付けていません。