生命保険加入を考えるときに出てくる問題

「掛け捨てと積み立てのどっちがいいの?」

これは生命保険の加入を考えた時、誰もが一度は考えることなのではないでしょうか。
「掛け捨て」とは一般的に定期保険のことを言い、払込期間中に死亡保障があり、安い掛け金で大きな保障があります。
しかし期間を過ぎるとその保障はなくなり、掛け金が戻ってくることもありません。
「積み立て」とは終身保険のことを言い、払い込みが終了した後も死亡時まで確実に保障が続きます。
死亡時に確実にお金を受け取れるため、貯蓄性の高い保険になりますが掛け捨て型と同じ保障を得ようとした場合、払込金額が高くなります。

掛け捨ては保障期間内に何もなかった場合、無駄になってしまいます。
しかし積み立ての保険ばかり重視しては家計に大きな負担になってしまいます。

どちららが優れているのか、と自分で判断するのはなかなか難しいですよね。
そんな時は詳しい人(プランナーさんなど)に、今の家計状況と今後の家族に考えられるリスク、将来設計などを相談してご自分に合ったプランを組み立ててもらってみては如何でしょうか。
大人気!保険相談

コメントは受け付けていません。