私が看護師を辞めたいわけ

私が看護師を辞めたいと思ったのは全てにおいて体制が古い、管理職の頭が硬くリスクを負うことをしないからです。

出世していくのも昔から勤めて長く働いて上司の機嫌をとることがうまい人間ばかりで馬鹿馬鹿しくなったからです。

新しく導入した方がいいことでさえも、挑戦することはせず周りの出方を伺って結局却下。

医療や看護の質をあげることに挑戦するよりも無難な現状維持。

私が思うに病院などの管理職は医療職じゃないほうがいいと思うんですよね。

外部から連れてきて変革をもたらすようなことをしなければ病院の経営は成り立ちませんし、そこで働く人間のモチベーションの維持は難しいと思うんですよね。

患者満足度を優先するばかりに、スタッフに無理難題を強いる。

やらなければならないことに対して時間は足らないし、多重課題で疲弊していく身体も精神も限界です。

決まって看護師長や先輩ナースが言うのは辞めようとする人間に対して、ここでもっと勉強してからでもいいんじゃない?ですよ。

ここにどれだけの価値があると過大評価をしているの?って言ってやりたいですね。少しでも残る気があれば引き止めも悪い気はしないかもしれないけれど、心が決まっている場合はね。

看護ができるのは他の病院や施設がありますし、ステップアップを目指すなら早く辞めて次のところに行ったほうが時間は有意義に使えますよね。

辞めようって思ってるのはそこで働く価値がないからであって、なぜ病院側が変わらずに我々が我慢をしなければならないのでしょうか。まず労働環境をなんとかしてもらわないと。
働く場所はいくらでもあるのが医療職で今後は淘汰されていく環境にもあるとは思いますが、そのとき淘汰されないためにもステップアップして専門性を深めていきたいんですよね。

辞めたくても辞められない看護師が多すぎますが看護師を本当に辞めるか辞めないかはよく考えた方が良いですね。看護師辞めたい方へを見ると参考になりますよ。

過払い金が戻った

あなたは借金や債務という言葉を聞いてピンとくることはありますか?
私は今現在は幸せなことにそれらとは無縁の生活をしています。
まだ住宅を購入していないということも大きな理由の一つですが(住宅ローンは後に経験しそうな借金、債務のひとつですが)
過去に大きな金額ではありませんが、借金をして本当に気が気でない生活を送ったことがあるためできるだけキャッシュ一括払いで何でも支払いを済ませるようにしています。

過去に一度経験した借金は大学時代に購入した楽器代と演奏旅行にかかった費用、合わせて300万円程度です。
最初はアルバイトをしながら少しずつ返済していたのですがアルバイトからは生活費も出ていくため、返済が厳しくなってきました。

そこで学生向きにお金を貸してくれるところから半額借り入れることにしました。
さて、社会人になり私のローン返済はまだ続いていました。楽器屋さんと旅行会社に対する支払いもまだ残っていましたし社会人のなると、お金を借り入れた先にも返済がスタート。
一気に3か所への返済…これはなかなか大変でしたね。
働いても働いても、借金返済にお金が消えていく日々。

以来、軽はずみにお金をどこかから借りるのは辞めました。(当時も決して軽はずみだったわけではないですが)
借りる時は一瞬ですが、返済は長期間に渡ります。実際、返済には何年もかかってしまいました。
しかし300万円程度の金額で借金や債務の大変さを勉強できたのでいい経験だったとは思います。

そしてこの話には続きがあって実は先日100万円ほどの過払い金が戻ってきたのです。
私が借りていたローン会社が法定利息を超えて利息をとっていたのでその分の利息が戻ってきたのです。
過払い金相談したら簡単に過払い金がもどりました。
ていうか、そんなに利息を払っていたとは驚きです。
やっぱり借金は軽はずみにするもんじゃないですね。

大学生で自動車免許

車に乗りたい。
しかも、自分で運転して・・・。
結構理想かしら??

特に男の子は興味津々。
乗りものを動かす事が好きな人は多いでしょう。

女の子はチョット考える??
自分が自動車を運転できなくても、男性が出来ればそれでいい。
自分は常に助手席で・・・って考える人も。

まぁ、それも分からない気もありませんね。
好きな人の横に乗ってみたい。
いろいろな思いが膨らんできます。

とは言え、現実はどうよ??

自動車免許。
あると便利。
乗れるとありがたい。
ある意味身分証明書としても活躍。

結婚して子供が生まれると、やっぱり車はあるとありがたい。
乗れると行動範囲も広がるし、いいでしょう。

18歳から取れる免許。
学生のうちに取るほうが確かに効率はいいのかも。

大学生で取る人が多い??
バイトしてお金を溜めて、時間の融通も付けて・・・。
友達同士で合宿免許の教習所に卒業旅行も兼ねて行く人もいるでしょう。
合宿免許はある意味理想??
レジャーや観光も兼ねて、無事免許を取得。
いい感じですよね~。
お金が無ければ一発免許っていう方法もありますよ。

自動車免許があると世界が広がる。
乗れたらいい。
取ったら乗りましょうね!

自動車免許の所持は忘れずに

車を運転する時。
必ず忘れてはいけないもの。

そうそう自動車免許。
これが無いと運転できやしません。
ってか、乗ってはいけない違反行為でしょう。

警察沙汰。
でもって、罰金??

どこまでなるのかは分からないけれど、
常に所持するに限るでしょう。

たまに忘れてしまう人も。
で、無免許運転でアウトって。

ここぞとばかりに注意は払っておきましょうね!

そんな自動車免許はある意味身分証明書代わり。
何かの時には便利な存在。

保険証って言いたい所ですが、自動車免許でも全く困りません。

自動車免許はいろんな意味であると便利。

勿論、車に乗れるに越した事はありませんね。
夏の暑い時には歩くのを考えるといい感じ。

ただ、暑い中停めておいていざ乗るとなると最悪なほど暑いには確か。
これだけはどうにもならないんだけどね。

自動車免許をあなたは持っていますか??
あなたがもし、自動車免許を持っていないなら合宿免許がおすすめですよ。
学生さんなら夏休みや春休みに自動車免許を取得してみては如何でしょうか。

自動車免許を持っている人でも、乗っていますか??
違反はしていませんか??

車を乗る事。
厳重な注意が大事。
常に安全運転を心がけて・・・。

一人ひとりの注意が安全に繋がっていくのでしょうね!

定期保険について考える

定期保険っていわゆる掛け捨てってやつですよね。
掛け捨てって嫌なイメージないですか?
掛けてきた保険を捨てるってことですもんね。

契約が満期になれば、その翌日からその契約内容は無効となるわけですし。
終身のほうがいいんじゃないの?と思います。っていうか、思ってました。

我が家の保険の内容を見直そうといろいろ少し勉強していたのですが、
まぁ、イメージ通り掛け捨てっていうだけあって、終身に比べて、保険料はお安いです。
保険相談でJCBギフト券をゲット!
じゃあ、なんでそんな安かろう悪かろうなイメージの保険が存在するのかって話なんですが・・・。
いや、悪いわけではないんですけどね(笑)

終身っていわゆるずっと保障ってことで、いわば手厚いんですね。
ってことはやっぱり保険料も定期保険に比べてお高い。

若いうちは、定期に入って、満期になっても次の契約時の年齢が比較的低ければまた保険料が安いわけです。
お子さんがまだ小さくて保険にかけるお金が十分にない場合など、比較的安価な定期にはいっておき、ある程度の年齢になって、余裕が出た時点で終身に切り替えるなど、先の人生の設計まで考えられる保険なのです。

終身だと見直したりしないですし、安心しきってしまいますもんね。
自分のライフスタイルに合わせていい保険を選べるといいですね。保険相談で保険見直し