保険は若い頃から加入した方が安い?

皆さんは、保険は若い頃から加入した方が安くなる、と聞いていませんか?
それは本当なのかと疑った事のある人は多いのではないでしょうか。
保険勧誘のオバちゃんに押されて保険に加入した人は多いと思いますがきちんと理由を聞いて確かめたりしてみましたか?
ここでは、本当に若い頃から加入した方が安く済むのかをお話していきたいと思います。

まず、その噂は、本当の場合と嘘の場合があるのです。
本当の場合とは、どういうときのことを言うと思いますか?
それは、終身保険や終身型の個人年金保険など貯蓄性がある、一生涯の保険だと若い時から加入した方が安くなります。

例えば、終身保険だとしましょう。
終身保険は、一生保障をしてくれる保険ですよね。
こんな保険の場合は早めに保険に加入して早く保険料を払い終わらせてしまったほうがいいのです。
ですが、一生付き合っていく保険なのできちんと保険会社をえらばなくてはいけません。
保険の勧誘オバちゃんに押されたからなんとなーく加入した、ではダメですよ。
保険相談について

保険加入の体験談

皆さんは、だれの一言で保険に加入する事を決めましたか?
友達、両親、知人、上司。いろいろな人がいるでしょう。
そんな人たちの「あなたもそろそろ保険に加入しないとやばいよ!」という言葉はどこまで信用できるのでしょうか。
そういっている本人は、意外と何も分かっていないのかもしれませんよ。

これは体験談なのですが、私は以前働いていた上司に事あるごとに「保険は大切だ、保険に加入しろ」と言われていました。
その上司はとてもたくさんの保険に加入していた人だったのですが・・・
私が、どんな時に、どれくらい役に立つの?と聞いても「そのうち役に立つ」と答えるだけ・・・
実際に保険の補償を使ったのは3回だそうです。
それじゃ良くわからないし、あまりにしつこかったので適当に話しに合わせてみました。

すると、「どうして保険に加入するのか」という初歩的な質問に対しても、「わからん、そのうち役に立つと思って・・・」
全くお話になりませんでした。
保険は大切だから加入しろ、と強く勧める人ほど何も分かっていないのでは?と思った出来事です。
やっぱり、専門知識のある人に聞いた方がいいと思いました。

保険見直し相談なんかいいですよ。
だけど、あなたが車を運転するなら、車の任意保険は絶対加入しておいた方がよいです。
車を運転する以上、事故は付き物です。ひとたび交通事故を起こしてしまうと自分だけでなく、全く関係ない人を巻き込んでしまいます。
車の任意保険は転ばぬ先の杖ですね。
任意保険の加入の必要性について

生命保険加入を考えるときに出てくる問題

「掛け捨てと積み立てのどっちがいいの?」

これは生命保険の加入を考えた時、誰もが一度は考えることなのではないでしょうか。
「掛け捨て」とは一般的に定期保険のことを言い、払込期間中に死亡保障があり、安い掛け金で大きな保障があります。
しかし期間を過ぎるとその保障はなくなり、掛け金が戻ってくることもありません。
「積み立て」とは終身保険のことを言い、払い込みが終了した後も死亡時まで確実に保障が続きます。
死亡時に確実にお金を受け取れるため、貯蓄性の高い保険になりますが掛け捨て型と同じ保障を得ようとした場合、払込金額が高くなります。

掛け捨ては保障期間内に何もなかった場合、無駄になってしまいます。
しかし積み立ての保険ばかり重視しては家計に大きな負担になってしまいます。

どちららが優れているのか、と自分で判断するのはなかなか難しいですよね。
そんな時は詳しい人(プランナーさんなど)に、今の家計状況と今後の家族に考えられるリスク、将来設計などを相談してご自分に合ったプランを組み立ててもらってみては如何でしょうか。
大人気!保険相談

こどもに終身型の死亡保険を

こどもに終身型の死亡保険をかけると得をする、ということをご存知でしょうか。

親であれば
こどもが亡くなった時のことを考えるのはいい気分がしませんしましてこどもを失った時にお金がほしいと思うことはないと思いますが保険を一つの貯蓄と考えるとわかりやすいと思います。
終身型の死亡保険のメリットは支払った額の保険料が貯蓄されていくため、時期が来れば確実に保険料を受け取れるということ。

その代わり、定期保険に比べると割高になるため家計には大きな負担になる、という認識の方が多いと思われますが終身保険は加入する年齢が若いほど、月々に支払う金額は安くなるため、家計に打撃を与えることはほとんどありません。
ここがポイントです。
そして実際こどもが幼いうちに加入すると、大人になってから加入するより支払総額がグンと減るのです。

こどものために加入するのは「学資保険」というのは、すでに定着した考え方になっていると思いますが
こどもの将来の為にもうひとつ加入するのであれば、「終身型の死亡保険」も良いのではないでしょうか。
こどもが一人立ちする際の、貯蓄のひとつになることは間違いありません。今話題の保険相談

簡易保険に加入

皆さんは簡易保険というのを知っていますか?
聞いた事がある人が多数ではないかと思います。

簡易保険とは、郵便局が取り扱っている保険の事をいいます。
内容は、普通の保険会社と殆ど変わりません。

唯一変わっているところは保険金の量です。
他の保険会社は、高額な保険金がかけられますが、
簡易保険は1300万円までしかありません。
そこが、他の保険会社との一番の違いです。

簡易保険はさっき話したとおり小額の保険金しか保証されていないので
他の保険会社にも入っている人が多いです。
(簡易保険+他の保険会社にする人が多数ということ)

それと、その人がどんな職業でも入れる唯一の保険が簡易保険です。
この保険は職業が問われないのでとても便利だと思います。

また、名前の通り簡単に入れる事も魅力の1つです。
他の保険会社は、色々な審査や条件がありますが、簡易保険の審査は甘く
条件も少ないので加入している人が多いのです。

みなさんも、もしもの時の為に簡易保険に加入してみたら如何でしょうか?

保険相談で家計を節約

親知らずを抜く 健康保険は?

皆さんは親知らずは生えていますか?
もう歯医者で抜いてしまったという人もいるのではないでしょうか?
さて、親知らずを抜く時は、健康保険が適応されるのでしょうか?

親知らずを抜く場合は健康保険が適応されます。
だけど、その状態によって自分で負担する金額が変わってきます。
病院によって負担する金額は変わってきますが親知らずを抜くのに保険が利く!というだけでずいぶんと精神時に楽になりますよね。

ですが、全部が保険の対象ではありません。
場合によっては保険が利かないこともあるので注意してください。
(でも、大体は保険が利くから9割くらいは安心して大丈夫です。)

また、一本は保険が効きますが二本めからは効かないという病院も多いようです。
私自身が親知らずを抜いた時は一本しか保険が適応されませんでした。

そんなこともあるので、親知らずを抜きに行く時は保険証と少し多めのお金を
用意した方が良さそうですね。
(保険が効いても予想外に治療費が高い場合もあるようなので注意しましょう!)

保険相談と借金相談

保険会社で働きたい

保険会社で働こうと思っている人もいるのではないでしょうか?
実際に私も、働こうかと思いどんな感じなのかを調べた事があります。

最低19万保障!などという誘い文句もありますね。
実際はどうだと思いますか?
本当にそんなにくれる保険会社はあまり無いと考えていいと思います。
始めの2~3ヶ月は確かに保障してくれるところが多いです。

ですが、それよりも後になると実力の世界になっていくようです。
実力とは、一人でどれくらい契約がとれるか、ということです。
世渡り上手で、話が上手い人はとても良い仕事だと思います。
逆に、話が上手じゃなかったりすると、お給料はどれくらいなのでしょうか?
ひどい所だと、高校生のアルバイトよりも低かったりするようです。
月10万以下、なんていう人もザラにいると聞きます。
やってみたい!という人はお話が上手な人でなければ
家族を養う事は難しいのではないでしょうか?

就職する時はやっぱり、きちんと考えて行動する事が大切なんですね。
無料 保険相談

保険のよもやま話 2

あなたの保険の担当者は、待ち合わせをしたら時間を守って来てくれますか?
中には、時間通りに来なかったり、中にはすっぽかしてしまったりする人もいるようです。
何故?と思う人もいるのではないでしょうか?
保険会社の人から、その理由を聞きました。

まず、ちゃんと時間を守らなかったり、来なかったりしする人には、2パターンあるそうです。
1つは本当に面倒臭くて行かない人。
このタイプの人は成績も悪くて、いつクビになっても可笑しくないひとだそうです。

もう1つのパターンはとても成績が良くて余裕だからサボっている人。
このタイプの人は、本当に成績が良いそうです。
けれど、大事にするのはお金を沢山使ってくれている契約者ばかりで
少ししか使ってくれない人のところには
気を抜いて接客をしているそうです。

また、保険業界は成績が一番なので、たくさん契約を取っていたりすれば
素行があまり良くなくても、サボっていても何も言わないところがあるみたいです。

それを聞くと、人脈がたくさんある人は、とても有利になるような気がしませんか?
いままで保険会社の人がなぜ時間どおりに来なかったのか気になっていたのが
嘘のようにすっきりと解決したお話でした。

保険相談や生命保険

保険のよもやま話 1

誰でも加入時○千円、という保険会社も増えてきたのではないでしょうか?
「加入時」という言葉を使って、騙す保険会社もあったので気をつけてください。

30代の女性が加入時二千円という保険に加入しました。
更新した時に年齢によって保険料が上がっていくというものだったようです。
更新は1年後だったので、とても魅力的な条件だと女性は思っていました。

始めにの保険料は確かに二千円でした。
一ヵ月後、保険会社から電話がかかってきました。
内容に、女性はびっくりしたそうです。

「1年の更新はだめです。2回目からの保険料は30代だと1万2千円になります」

一年の更新はダメなのは仕方が無いとして、保険料が1万円も上がるなんて!と
女性は怒りました。すると、こんな答えが返ってきたそうです。
「加入時って書いてあったでしょう?年齢によって上がるとも説明したはずです。」

保険料は千円~2千円上がるといわれていたので契約した、というと今、この保険を変える事はできないと言われました。

保険会社を変えたいと思い、他の保険会社と契約し、いざ辞める時はとてもひどい言葉をたくさん言われたそうです。そして、契約は1年で更新という約束なのだからそれまでは保険料を払え!といったそうです。言っている事がめちゃくちゃなのでその女性は無視し続けたようです。

ちゃんとした保険会社を選ぼう、と思ったお話でした。
最近は生命保険相談サービスもありますからね。保険について